カラコン通販 送料無料 > ひとときの「ゆるさ」をお届けするコラムサイト > SENA > 【体験談】猫好きなのに猫アレルギー⁉症状や発覚したきっかけ、効果があった対策法は?【医師監修済み】

【体験談】猫好きなのに猫アレルギー⁉症状や発覚したきっかけ、効果があった対策法は?【医師監修済み】

SENA

5555

みなさんこんにちわー!SENAでーす!!
猫が好きすぎて猫の記事をたくさん配信してきた私ですが、最近とてもショッキングな出来事がありました…。
 
実は…わたくし…猫アレルギーだったらしいのです…。しかもけっこう重度の…!
 
この事実が分かった日は渋谷の中心で泣きました。世界で一番好きな猫にもう触ってはいけないの…?
絶望に浸っていた私ですが、猫と過ごす生活はぜっっっったいに諦めたくない!きっと何か解決策があるはずだ!と思って色々試してみたところ、かなり症状が改善されてきたのです!
猫が好きなのに猫アレルギーで悩んでる、という方はたくさんいると思います。
そこで今回はそんな方たちのためにも!私が行った対策法や注意すべき点などについてお話していきたいと思います!!

アレルギーの症状について

私が猫を飼い始めたのは約2年前。
最初は特にアレルギー症状など感じずに過ごせていました。
しかし飼い始めてから半年経った頃から顔の肌荒れがひどくなり、ひどい時は口が開かなくなるほどにバリバリに!
そこからどんどん体も肌荒れがひどくなり、常に全身かゆい&湿疹が頻繁にでるようになりました…。
私はそれを幼少期の頃のアトピーが再発したものだと思って、ひたすら薬を塗りまくりなんとか過ごしていましたが、悪化する一方で治る気配はなく。
次第にくしゃみもひどくなり、まさに典型的なアレルギー症状が出るようになっていました。

発覚したきっかけ

上記の症状に悩まされている時に、ふと「家にいる時が特に症状がひどい気がする」と気づき、もしかしたら何かのアレルギーなのでは!?と思い始めました。(この時すでに症状が出始めて1年半)
自分でも気づくの遅すぎだろう、とその時の自分につっこみたいです、ほんとに。
そこでついに…病院でアレルギー検査を受けたのです!
私が受けたのは採血して2週間後に結果が出るというものでした。
2週間後ドキドキしながら結果を聞きに行くと、先生の口から思いもよらない一言が……。

 
「SENAさんは猫アレルギーは重度ですけど、他はまぁ平均的ですね(^^)」

…(^o^) え(^o^)

 
5555-1
 

えぇぇええぇぇぇえええぇぇぇえ!?!?!?(^o^)

なぁんだってぇぇぇええぇぇえええぇぇえぇ!?!?!?(^o^)

 
5555-2

 
もうその後の先生の言葉はほとんど記憶がありません。
背中がサーーーーッとなり、ショックすぎる一言に半分気絶していました。
なぜなら一週間前に新たな猫(2匹目)を家族に迎え入れたばかりだったからです。
でも猫には何も罪はないし、私も今までと変わらずたくさん触れ合いたい!どうにか対策法はないものか!?と色々と試しまくったところかなり症状が軽減されてきました。
ではどんな対策を行ったか。私が特に効果を感じたものを、次の項目で書いていきたいと思います!

私が実践した猫アレルギーの対策法

① とにかく毛を取り除く!
猫アレルギーの人に一番よくないのは「猫の毛」なのだそう。
掃除機をかけていれば大丈夫でしょーと思いがちですが、私たちが思っている以上に猫の毛は家中に広がっています。掃除機だけではとても取り除けません。
掃除機をかけたあとは、クイックルワイパーで更に床全面を拭きましょう!
そして見落としがちなカーテン!ここは猫の毛がとてもつきやすいのです。カーテンも掃除機をした後、コロコロを全面にかけましょう!
 

② 殺菌・消毒を徹底的に!
アレルギー症状を軽減させるためには部屋の殺菌・消毒も大切。
でも市販で売っている殺菌スプレーなどは猫に害な可能性も…。
そこで今、多くの動物病院でも推奨されている次亜塩素酸を主成分とする除菌スプレーが強い味方に。なんでも、人体・ペット・環境に完全無害でありつつ殺菌力は抜群なのだとか。素晴らしい!
中でも口コミが良かったアクアリブというスプレーを私は使い始めたのですが、これを部屋全体にふりかけた後はなんだかとても部屋の空気がすがすがしく感じます!
ペットの皮膚病などの予防や殺菌にもなるとのことなので、猫にも直接ふりかけているのですが、ふりかけた後に猫を抱っこするとあまり湿疹が出ないので、これにはかなり助かりました。
ちなみに我が家の猫は真菌という皮膚病の治療中なのですが、これを使うようになってから急激に治りが早くなった気がします。私にとってもペットにとってもまさに良いこと尽くめ!

 
③ シャンプーを定期的にする!
猫の体のアレルゲンはシャンプーをするとかなり取り除かれるのだそう。
現に私の場合も、シャンプーした後の猫は触れてもあまり症状が出ません!
ただ猫ちゃんは水が嫌いなことが多いので、ストレスを減らすためにも頻繁にはしないようにしましょう。
猫は顔周りに特にアレルゲンが多いそうので、顔周りをよく洗うのがポイント。
洗うときは耳や目には絶対シャンプーや水が入らないように気をつけて下さいね!
シャンプーをすることによって余分な毛も抜けるので、抜け毛も減って一石二鳥ですよ♪

 
以上が色々試した中で、私が特に効果を感じた対策でした!
私の場合はこれらの方法で、湿疹は免疫力が下がっている時だけしか出なくなりましたし、くしゃみもほとんどおさまるようになりました♪

まとめ

いかがでしたか?
猫アレルギーで心が折れそうになったことがある人もいるはず。
だけど対策次第で症状は抑えることが出来るかもしれません!
同じ悩みを持っている方にとって少しでもお役に立てたら嬉しいです♡

医師からのコメント

本稿について、医師ライターの大塚真紀先生に監修をしていただき、さらにコメントを頂戴しました。猫アレルギーについて気をつけるべき点は他にもあるのでしょうか?

profile

大塚真紀
東京大学大学院医学系研究科卒。 内科医師として10年勤務。腎臓と透析が専門。現在はアメリカに滞在し主婦をしながら医療系記事ライティングに従事。医師としての記事の監修、医学生用のコンテンツ作成経験有。

猫が好きなのに猫アレルギーといわれたら、とてもショックだと思います。「いま飼っている猫と離れなくてはいけないの? 猫は一生飼えないの?」と落ち込む方もいるかもしれません。でも、SENAさんのように猫アレルギーと診断されても、掃除やシャンプーなどの対策をすれば猫と一緒の生活も可能になることがあります。

すべてのアレルギーは、くしゃみや鼻水、皮膚のブツブツなどのアレルギー反応を起こす原因に対して起きます。アレルギーの原因はアレルゲンとよばれ、猫アレルギーの場合には猫の毛やフケ、猫の毛についているホコリやカビなどが考えられます。つまり、アレルゲンを取り除くような掃除、シャンプーなどを徹底的に行えば猫アレルギーが起きないようにすることも可能かもしれません。

では、猫アレルギーかどうか確認するにはどうすればよいのでしょうか。猫アレルギーの検査は、皮膚科、内科、アレルギー科で行うことができます。血液検査で、猫のフケや毛に対してアレルギー反応が起きるかどうか検査をします。猫に触れると赤いブツブツいわゆる発疹が出る、または皮膚にかゆみや赤みが出る場合には皮膚科を受診するとよいでしょう。くしゃみや鼻水、咳などが出る場合には、内科やアレルギー科に行くとよいです。クリニックや病院によって検査できる項目が限られていることもあるので、事前に確認するとよいでしょう。

まとめると、猫と触れるとアレルギー症状が出る方は、まず血液検査をして本当に猫が原因か確認しましょう。猫以外のものにアレルギーを起こしている可能性もあるからです。もし検査結果で猫アレルギーとわかり、どうしても猫と生活したい場合にはSENAさんが実践したように掃除、シャンプーなどの対策をしましょう。空気清浄器を置くのもひとつの方法です。また、これから猫を飼いたいのであれば自分と相性のよい猫を探すことも大事です。毛の長い猫や短い猫、オス猫やメス猫などアレルギー反応の出方が猫の種類によって違うことがあります。

猫アレルギーについてよく理解して、かわいい猫たちと楽しい生活を送れるといいですね。

この記事を書いた人

SENA

LARMEモデル* 元ラブベリー専属モデル*準日テレジェニック*ライター* せーぷぅです*。・ペルシャ猫のきなこさんと暮らしてます* バナナマンの設楽さん/ さかなクン/ 松岡修造様/ 松重豊様/ 古墳/ を愛しております。お仕事のご依頼はこちらまで
→senasato1623@gmail.com

当日発送&全国送料無料のカラコン通販サイト Mew contactはこちら